初秋の大原を歩く【その2:宝泉院】



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



実光院さんの拝観のあとは宝泉院さんへ。また甘いもの目当て(?)ですの

宝泉院さんも実光院さん同様、勝林院さんの子院。額縁庭園(盤桓園)血天井が有名なだけに、実光院さんよりも拝観される人が多いかな。

入口には桔梗の花が。時期的に桔梗も終わりなのやろうけど、まだまだ綺麗に咲いてますの。

housenin1.jpg

中央上部のこんもりした緑色の木は京都市の天然記念物・五葉乃松。樹齢700年だそうですの!!

housenin5.jpg

そしてこちらでも!!お茶菓子をいただきますの 実光院に続き、2杯目なのだ

housenin2.jpg

この日の額縁庭園は屋根の修理で足場が組まれてたため、残念ながらいつもの景色ではなかったけど、それでも一服しながらお庭を愛でる姿があちこちに。やっぱり盤桓園(立ち去りがたい、という意味なのやとか)と言われるだけの魅力がある庭園ですの。

housenin3.jpg

housenin4.jpg

ご朱印をいただいて、新しいお庭、宝楽園に向かう通路で。額縁庭園はまだ葉が青々としてるように見えるけど、この写真は秋が近づいてるのかな、なんて思わせますの。

housenin6.jpg

宝楽園は住職さんが力を入れている本物志向の庭園。仏神を表す神々しいお庭です。
雨が降ったあとと言うことで、庭師さんがお庭の手入れをされていたのであんまりお写真を撮ってないけど、この日着物を着ていたすぅちゃんは庭師さんに着物姿を誉められて(たぶんお腹の部分やと思う)、「庭が整備できてたら着物姿が映えるのにね~」なんて言われてまんざらでもなさそう
お庭の手入れをされてた庭師さんは、このお庭から「ありがたオーラ」が出ているからか、毎日ここで働くのが楽しいそうです。

housenin7.jpg

housenin9.jpg

紅葉シーズン本番に向けて整備中の宝泉院さん。
どっぷりと秋が深まったら、額縁の景色も素晴らしいものになるんやろなぁ~

宝泉院
京都市左京区大原勝林院町(場所はこちら
拝観時間は9:00~17:00
宝泉院.net


テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<初秋の大原を歩く【その3:大原寺勝林院】 | Top | 初秋の大原を歩く【その1:実光院】>>



コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/96-79c626a7
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。