初秋の高雄を歩く【その3:高山寺DE明恵さんにご挨拶編】



2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



すぅちゃんとつんこちゃんと巡る三尾めぐり、神護寺西明寺に引き続き、最後に廻るのは栂尾山高山寺さん。世界文化遺産なだけに(?なのかどうかはわからんが)、駐車場無料、観光バスいっぱい人いっぱいでうじゃじゃのじゃ(?)、ですの(・_・)

ま、うじゃじゃのじゃ、はウソやけど(どっちやねん)、三尾の中では人が一番多かったかも。

裏道から上がって、まずは石水院へ。

kouzanji1.jpg

高山寺は奈良時代に光仁天皇の勅願によって創建されたらしいけど、実質的な開基は鎌倉時代の明恵上人。彼の時代唯一の遺構がこの石水院なのだ(ちなみに国宝♪ただし、微妙に移築しとるらすぃ

これが明恵上人が見た景色とは・・・ちょっと違うんよねぇ~(^_^;)(現在の場所は実際に建ってた位置よりも少し低いところになるので・・・)

kouzanji2.jpg

なかなか居心地いい場所かも知れん、この石水院
下界(?)の車の音(石水院のすぐ下がパーキングエリアなもんで)さえ気にならんかったら景色はgood!

kouzanji3.jpg

高山寺といえば鳥獣人物戯画!!・・・なのやけど、残念ながらこちらにあるのは複製画(どへ)。
でもあたしの目的は鳥獣戯画じゃなくて明恵上人なので、明恵さんの絵である「樹上座禅像」に深々と一礼m(_ _)m
主にはちゃんとご挨拶ですの

高山寺さんはお茶発祥の地。栄西さんが宋から持ち帰ったお茶を明恵上人が譲り受けて植えたらしい(・_・) だから明恵上人は「茶の祖」って言われてる・・・っちゅーことを以前もちこさんから教えてもらったはず(確か)。
こちらのお茶は宇治茶の素(?)であります(・_・)

kouzanji4.jpg

kouzanji5.jpg

茶園からさらに奥に行くと金堂が。
元々は金堂の東に石水院がありましたの。

kouzanji6.jpg

高山寺は山際に建てられてるので木々がいっぱい。森林浴状態ですの ここには精霊がたくさん住んでるかも(がは)。

kouzanji7.jpg

最後に高山寺でよくありがちなもみじショットをパチリ(どへ!)。
あと2ヶ月もすれば、ここが真っ赤になりますの。

kouzanji8.jpg

では最後に。
あかあかや あかあかあかや あかあかや
        あかあかあかや あかあかや月


・・・月の歌人・明恵上人のお詠みになった句でした。

どへへのへ!!

栂尾山高山寺
京都市右京区梅ケ畑栂尾町(地図はコレ!
拝観時間は9:00~17:00
高山寺(京都市観光文化システム)



テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<松籟庵(しょうらいあん)の湯豆腐懐石【嵯峨嵐山】 | Top | 初秋の高雄を歩く【その2:西明寺DE金運UP編】>>




お呼びで?
その、明恵さんから宇治茶うんぬんは、「言い伝え」、もしくは「仮託」っていうものでして、そのへんは(以下略)
でも、明恵さんがお茶を飲んでいたことを示す文書や(でもどんなお茶かはよくわからないのです)、神護寺にいるおじさんにお茶の実がみのったらお分けしますね、とお約束したお手紙とかはのこっているのです。
とにかく、栂尾のお茶は「本茶」、ほかの産地は「非茶」といわれて特別扱いされていましたように、鎌倉時代から応仁の乱前までは、我が国でトップのお茶とされていましたもの。
現在は、宇治茶の生産者を中心に「講」をつくって、みなさんで茶園を管理されています。
2007/09/29 09:34 URL by もちや [ 編集] Pagetop△

そういえば・・・
ぽのこさんも境内で、
明恵上人ばりに歌を詠んでたよね~^^

3人でのお寺参り、大変楽しゅうございました♪
なんか全体的に濃いいカンジでした。

次回開催を楽しみにしてます☆

2007/10/01 13:01 URL by つんこ [ 編集] Pagetop△

⇒もちこさん、つんこちゃん^^
★もちこさん^^
こちらでいただいたパンフレットにも篤志家さんたちが茶畑を管理されてる、とか何とか書いてあったように思います(すんごいアバウトな記憶)。
あたしはここのお茶ってどんな味なのかわからないんですけど、もちこさんは飲まれたことってありますか?
やっぱり日本一の味なんかな(・_・?)

何でかわからんけど、「歴史ありげなつながり(?)」でか、今ふと清浄歓喜団を思い出してしまいました(・_・)(高くてまだ手が出ず:笑)

★なんと、つんこちゃん!!(@_@)
・・・あたし、なんか歌詠んでた??

つんつく つんつく つ~んつんつく つん つん つ~~ん!!

・・・みたいな歌やったっけ?(・_・?)
それはいつもつんちゃんと歩いてるときに歌ってるよね(・_・)

今となっては、アノ日、水尾からとんちんかんな山の中に迷い込んだことしか記憶が蘇らないわん(・_・)
柚子風呂入りたかったよね~^^;(今はまだやつた??)

2007/10/01 14:32 URL by このぽのこ [ 編集] Pagetop△

いいねいいね
そうそう石水院行ってみたいな。
この記事読んでわかったけど、なるべく朝、早い時間に行こう。
どうしても、ここは一人でないと具合悪い。
天気は雨だといいな。
駐車場があるのかー。ふーん。
ありがとう。参考になりました。
2007/10/04 22:01 URL by おちゃーみー・ばっどへんげ [ 編集] Pagetop△

⇒早めがいいわよん、おちゃーさん(・_・)
おちゃーさんは元々早起きやから、早めに行けるよね、間違いなく(・_・)
京都に泊りがけで仕事に来るときにでも、ゼヒ高雄へ。
バスは時間がかかるけど、小旅行気分で楽しいです(山奥やし)。
観光客さんたちが多くなる11時過ぎくらいからは、たぶんかしましくなる(あたしみたいな女子がたくさん来るよ、きっと^^;)と思うので、早く高山寺に行って、石水院が人でいっぱいになってきたら、とっとと山奥へ。

ココに来るときは・・・体力温存しといてね(・_・)
そして、よかったら神護寺にも行ってね♪
2007/10/08 00:08 URL by このぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/93-d736b9ec
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。