本家尾張屋のせいろ【烏丸御池】



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



友達が休暇を取って遊びに来たときに、彼女が食べたいと言った「お蕎麦」。
折角なので本家尾張屋の錦小路店さんへ行こうかと思ったのやけど、彼女のお宿の近所の本店さんのほうへ行きましたの。
お腹が減ってたから、そんな遠くまで足を運べなかったしぃ~!!!(ぐへ!!)

尾張屋

なんか・・・この夏は(ってもういい加減秋になったけどさー)わりかし麺比率が高いけど、これってやっぱり異常な暑さのせいよねー。
どうしても喉ごしツルリ、なモノを欲してしまうわけで。
そんな天候やから、当然食欲的にもそんなにいらないわけで(とか言いながら、あたしはこの量では到底足りませんでしたの。これは友達に合わせただけ)。

そしてこの日は・・・暑かったからかいつも以上に混んでて、なかなか麺が来なかったのが悲しかった!!!
遠くの(?)錦小路のお店の方がすんなり食べられたんかも??って思うほど。
30分ほど待ったんじゃなかろうか・・・orz
あたし達が待ってる間、お店の人が何杯お水を入れに来てくれたかわからんくらいだったわ~~。
そのおかげでか、お蕎麦は猛烈に美味しかったけどね。

嗚呼、あの暑かった夏・・・

「もう勘弁してくれー!!」

・・・って感じだったわん。とほほ。
これからは食欲の秋到来。
夏の分を取り返して、ガッツリ食べないとねん♪
はぁ~、美味しいもの、食べたーーい。

どへ、へのへっ。

本家尾張屋本店
京都市中京区車屋町通二条下る(地図はこれ!)
TEL 0120-17-3446
営業時間 11:00~19:00(販売は9:00~。元旦1・2日のみ定休)




テーマ=暮らす京都 - ジャンル=地域情報



<<amedio(アメディオ)のイタリアンランチ♪【四条新町】 | Top | いざ、大文字山へ!でも待っているのは筋肉痛(どへ)>>




はじめまして
ご利益ワンダーランドを見て、ご利益いただいてるkinkanです。
よろしくおねがいします♪

この日、ワタシは錦小路店のほうに行ってきました。
いろんな意味ですれちがってますが、なんだかお近づきなような気がしてびっくりです。
2010/09/28 14:07 URL by kinkan [ 編集] Pagetop△

⇒はじめまして、kinkanさん♪
コメントありがとうございます!
おーーー、ご利益ブログ!!
今年の目標はあのブログを整理することでしたが、全く手が付けられていません・・・orz
kinkanさんもご利益いっぱいのブログをされているんですね☆^^

> この日、ワタシは錦小路店のほうに行ってきました。
> いろんな意味ですれちがってますが、なんだかお近づきなような気がしてびっくりです。

錦小路のお店も気軽に使える感じがいいですよねー。
あそこはテレビで紹介されてからいつも混みあってるときしか目にしません(・_・)
朝がお得みたいですから、今度はあったかいおそばを食べに行こうかと思っています☆
しかし・・・絶対すれ違ってそうですよね(笑)
今後ともよろしくお願いします!
2010/10/03 11:00 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

今年の夏は特別暑かったので、あっさりとしたお蕎麦はホント美味しかったのでしょうね~♪
待ち時間が長ければ長いほど美味しいですよね(汗)♪
2010/10/20 23:50 URL by あやリオ [ 編集] Pagetop△

⇒もうね、あやリオさんorz
> 待ち時間が長ければ長いほど美味しいですよね(汗)♪

待ち時間が長すぎて、腹は減るしでも冷たいものが欲しいしで、とにかく格別に美味しく感じましたよぅ^^;
でも「アノ頃」とは打って変わって、今日はめっちゃサブっ!ですorz
子供ちゃんは風邪とか大丈夫ですか?
あやリオさんもくれぐれも気をつけてくださいね!
2010/10/27 11:29 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/850-1d737341
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。