小豆粥で初春を祝う会2010【妙心寺東林院】



2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



・・・やっとUPです(どへ)。
なんだかちょっぴり疲れておりまして(笑)、ブログほったらかしでした(遠い目・・・)

と言うことで、先日、ウォーキングパートナーのつんこちゃんとともに、妙心寺の東林院さんへ小豆粥で初春を祝う会に行ってきました!

小豆粥

毎年の定番行事とはいえ、新年のお祝いと言うことで気が引き締まります。
まずは梅湯茶礼。
右のお椀にはちゃんと梅干が入ってます(見えないわ
並べられた茶菓については、前回の記事をご覧くださーい

小豆粥1

そしてメインの小豆粥♪
今回も美味しくいただきました。
黒豆のプリップリ具合に、そして、ほっくりと炊けているお大根に、今年も感動であります。

小豆粥2

このちょびっと乗せられたお粥が、みんなから施された「さば(生飯・施食)」。
これは小鳥や小動物のために、東林院さんのお庭にお供えされます。

小豆粥3

ところで、今まで何度も東林院さんに訪れているのに全然気付かなかったのが、千両の庭にある「槇と松の宿り木」。
樹齢250年の槇の木に、黒松の種子が自生したんですって(・_・)
上に向かって伸びているのが槇、横に伸びてるのが松です。
一瞬目にした感じでは、松の木がメインに見えるわ(がはははーー)。

小豆粥4

妙心寺東林院 小豆粥で初春を祝う会・千両の庭特別公開
2010年1月15日~31日 11:00~15:00

テーマ=暮らす京都 - ジャンル=地域情報



<<panscape(パンスケープ)の全粒粉パン【三条会商店街】 | Top | 今更ながらの、播磨屋ステーション京都パレスサイド店【烏丸丸太町】>>




わっ、妙心寺だ~っ!!
美しいお庭を眺めて、質素で奥深い食事を頂き、静かに気持ちを落ち着けると、心が安らぎますよね~☆
仕事の嫌なこととか、仕事の嫌なこととか(←そればっかりかいっ!!)、ぜんぶ忘れさせてくれますよね(笑)

実は、私は大学時代、妙心寺のめちゃ近所に住んでました。しかも、卒業後は妙心寺境内の某所で数年間働いてました。毎日のようにお散歩してたから、庭みたいなもんです(←言っちゃったよ…)
ぽのこさんなら、得意のウォーキングで境内一周されたことありますよね? もしかしたら、どこかですれ違っていたかもしれませんね(^-^)
2010/01/23 22:13 URL by まかろん [ 編集] Pagetop△

⇒なんと!まかろん隊員!
なんと!まかろん隊員!!
学生時代に妙心寺の近くに住んでおられた、ですと??
あたしは学生時代、等持院の南の方に生息しておりました(・_・)
妙心寺は、当然のことながら、徒歩圏ですよっ!!!!
でも・・・
当時よりも今の方がお寺(全般)に行ってるかもなぁ・・・
お寺の静寂は、当時のワカイあたしにはいまいち理解できてなかったデス(・_・)
いや、お寺は好きやったけど、今みたいに腰痛・肩こり・冷え性で疲れてなかったから、お寺の癒しを欲してなかったかもしれません(←今ではすっかりスレたぽのこ)

妙心寺境内ウォーキング(?)は、1年ほど前にやりましたねぇ。
ただただ、ひたすら歩くだけ(笑)
友達とくっちゃべりながら歩いてたので、これまた静寂とは無縁でしたorz(どっへー!)
2010/01/23 22:21 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

今年も行かれたんですね。
こちらの小豆粥、毎年行こうかどうしようかと思いつつ、値段に引けてやめてしまっています・・・苦笑。
でも、何回見てもおいしそうですね!!
2010/01/24 00:49 URL by よりりん [ 編集] Pagetop△

大学に入学したての時に
妙心寺の塔頭に下宿していたことがあります。
學校が東の端なので自転車で20数分も掛かり、
食事付きだったので、
夕食の時間に間に合うように帰るのが大変でした。
それで3ヶ月で其処を出て、
今度は北の端の三宅八幡に移ったのです。
真っ暗な中、
妙心寺の入り組んだ通路を通行するのは
結構不気味でしたよ。

2010/01/24 02:01 URL by NOAH [ 編集] Pagetop△

⇒よりりんさん、NOAHさん^^
★よりりんさん^^
お財布が大変苦しくなりましたので、他のところで節約しつつ・・・って感じですよ(笑)
まぁ、お値段はちょっと高いですよね^^;
でも、ご飯の量的には大変満足いくもので、新年の行事としてはありかな、と。
ちょっとずつ値段が上がっていってますから、これ以上上がったら、ちょっと考えるかもしれません(←本音)。

お味は大変おいしゅうございましたよー^^←岸朝子風

★NOAHさん^^
そうでしたか・・・NOAHさんも妙心寺さんには思い出が・・・^^
塔頭で下宿、できるんですねー。
今もできるんですかねぇ??
そこから三宅八幡へお引越しとは、また遠いところに行かれたんですねー。
三宅八幡から学校まで、ずいぶんとかかったんじゃないですか??(・_・?)

確かに夜の妙心寺はちょっとコワイですよね(笑)
東林院さんの夜間拝観のときは、つんこちゃんがいなかったら、行く勇気がないかもしれません^^;(毎年一緒に行ってます^^)
2010/01/24 19:50 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

ステキな会ですね~。
心が落ち着いてゆったりとした時間を楽しめそうですね。
妙心寺まだ行ったことないので、またお邪魔してみたいです!!
2010/01/25 10:44 URL by ☆あや☆ [ 編集] Pagetop△

静かに
何かと雑用に追われる日々を過ごしています。
私も少々疲れを感じてきています。

こんな時は、ゆっくりとお寺で過ごしたいと思ってしまいます。
静かな場所に身をおいて、心落ち着かせたいものです。

妙心寺さんと言えば 沙羅双樹が有名ですが 千両ですか。。
冬の妙心寺 これまた 「いとおかし」といった感じですね。

少し時間を作って訪れてみようかな。
2010/01/25 22:01 URL by yume [ 編集] Pagetop△

⇒☆あや☆さん、yumeさん^^
★☆あや☆さん^^
素敵な会ですが、お気軽なお値段じゃないのが難点です(苦笑)。
でもコレに参加することで、「新年スタート、がんばろう!」って気になるんですよね~^^;
妙心寺さんの中には、素敵な塔頭がたくさんあります。
散策、おススメですよ~♪

★yumeさん^^
東林院さんは、今は時期的に千両のようですね。
真っ赤な実をたくさんつけていましたよ。

あたしも今、何かと忙しい日々を過ごしていますので、お寺さんでのこういう行事に参加できることはいいリフレッシュになっています。
yumeさんは春ごろまで何かとあわただしい日々が続くかと思いますけど、もしこちらに来られる機会がおありでしたら、是非ご一緒させてくださいね。

楽しみにしています!
2010/01/28 20:29 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/750-93dea54d
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。