マイケル・ジャクソン!【THIS IS IT】



2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



MOVIX京都で観てきました!
マイケル・ジャクソン【THIS IS IT】

彼のファンではなかったけど、亡くなってから彼の映像を多く目にしているうちに、すごく興味がわいてきて、ウォーキングパートナーのつんこちゃんと一緒に、予約販売開始日にチケット購入^^;
普段そこまでしないのに。そして、封切1発目なんて、絶対観ないのに!

マイケル

上映時間の2時間があっという間に感じられて、終わったあと客席から自然と拍手が起きましたの。
封切初日、しかも1回目(19:00~)と言うこともあって、たぶんマイケルファンが多かったと思うけど・・・なんとなく一体感(ふふふ)。
映像を見る限り、ロンドンの公演が本当に行われていたら、とても素晴らしいものやったやろうなぁ~。彼に対する予備知識のないあたしまで魅了されてしまったし・・・

とか何とかいいながら、映画で流れる曲はすべて知ってました。

改めて、マイケルのすごさを実感。
そして、彼が今この世にいないなんて信じられません・・・。
DVDが欲しくなりました(苦笑)。

テーマ=今日の出来事。 - ジャンル=日記



<<京都駅ビル・巨大クリスマスツリー点灯!2009 | Top | 京都イタリア料理研究会・チャリティーフェスタ>>




きゃーっ! ご覧になったのですね!
いいなぁ~私も観に行きたいですが仕事でダメかも~です。
私もマイコーのファンではありませんが
曲は知ってる・・・みたいな。
いい曲が多かったですよね。
大人気で、整形しちゃったりネバーランド作っちゃったり
裁判沙汰にもなったけど
偉大で、淋しい人でしたね。

2009/10/29 22:02 URL by まみっち [ 編集] Pagetop△

マイケルにとって、2008年のネバーランド売却は、結果的に生きる糧をなくすことになってしまったんじゃないかな。
2009年7月、あと1週間ちょっと目前に予定していたロンドン公演。リハーサルを繰り返すだけ、抜け殻になっていく自分が見えすぎてしまったような気がするね。
ぽのこちゃんが、いい映画だって言うなら、オトコ一人で入るのもなんだけど、観てこようかな^^
2009/10/30 12:04 URL by ryu [ 編集] Pagetop△

⇒まみっちさん、ryuさん^^
★まみっちさん^^
観に行きましたよぅ~、まみっちさん☆
職場の同僚にも薦めました(笑)
限定2週間の上映が更に延長になったと、本日決まったようです。

あたしは彼の人柄は全然知らなかったですし、本当に興味がなかったんですorz
強いて言えば・・・まみっちさんならわかるかも、ですが、成田美名子の「CIPHER」(マンガですよ^^;)に主人公の憧れの存在(?)として登場するくらいの印象しかなくて。

でも、彼がみんなからとても好かれている理由は、あの映画から少し感じることができましたよ。
映画の中のマイケルはすごく優しい人でした。
そして本物のエンターテイナーでした。

★ryuさん
彼の人生の、特に後半は色々な騒動がありましたよね。
彼は優しすぎたのかもしれませんね。
彼は大スターである一方でとても繊細な心の持ち主だったゆえ、あたしたちにはわからない、深い大きな苦しみを抱え込んでいたのだと思います。

ryuさんは以前、マイケルのことを記事に書いておられたので、この記事にコメントを下さって嬉しかったです。
映画を観て・・・音楽も勿論よかったですが、彼の人柄にとても魅力を感じました。
とっても優しいんですよ、このコンサートに関わったスタッフさんたちに。周囲の人も、彼の期待にこたえようと努力しているのがよくわかります。
彼の死後、こういう映画が公開されることで、興行収入などの金銭的な動きにどうしても注目が集まってしまいますが、あたしはそういうのを抜きにして、純粋に彼の映像を観ることができてよかったなって思ってます。
前売り買った甲斐がありました。
2009/11/02 11:05 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

マイケルは、愛するネバーランドを奪われるとう衝撃に見舞われました。
恐らく彼にとってこれは、生まれて初めての挫折だったから、耐性もなかったんだろうね
いつものように「処方ドラッグ」に溺れたのじゃないかな。
会計士が報告する、ロンドン公演の収支見込みが、彼を極限までに苦しめた。

連想して、思い出しましたよ。エルヴィス・プレスリーも、処方ドラッグをやっていた。
でも、このふたりだけじゃなく、人生の計画が狂い立ち行かなくなったら、
誰でも、(僕も)鬱になるし同じことをする可能性は否定できないと思うね。
こんなことは別として、マイケルは優しいひとだったと思います。曲を聴けばそのやさしさはよく分かるよね。
リハーサルからもマイケルのひたむきさ、純粋さが伝わったのでは・・・と思います^^
マイケル・・・永遠に♪
君は独りぼっちじゃないよ(You Are Not Alone)
を聴けばそのやさしさは分かると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=zZc6VZmbkJU
ベンのテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=g40WCBaUXR4&feature=player_embedded
2009/11/03 01:11 URL by ryu [ 編集] Pagetop△

⇒ryuさん^^
追い詰められてるであろうことは、彼が亡くなる前のニュースなどで何となく感じてはいたのですが、映画の中の彼はそんなこと全然感じさせなかったし、愛に溢れていました。
勿論、そんなのは編集でどうにでもなるのかもしれないですが・・・
あたしは彼に対する印象があの映画で随分変わりました。

財政的な問題もあったでしょうが、あの映画を見る限り、やはり成功させてあげたかったですねぇ・・・
スタッフの為、観客の為、本当に頑張ってたのがよくわかったんですよね。

当たり前のように耳にしていた彼の音楽も、今改めて聴いてみるとすごくいいんですよ、これがまた。
本当に、亡くなったことが残念です。
2009/11/06 17:07 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/686-9e6bae29
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。