宇治・三室戸寺 de 父の思い出を巡る(?)



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



昨日まで実家のある宇治田原町に帰省しておりましたの。ま、帰省と言うほど仰々しいものではないけど、数日間ゆっくりいたしましたんですじょ

ところで、今回の帰省で、家族で行こうと計画していたのが宇治の三室戸寺さん。
この時期ならギリギリ蓮の花も観賞できるかも!と思い、ウキウキで足を運んでみましたの└(・∀・)┐=3

花の寺としても有名な三室戸寺さんは、つつじ、紫陽花、蓮・・・と、季節ごとに綺麗なお花で出迎えてくれるお寺さんです。

ここはあたしたち家族とはゆかりある場所ですの。
あたしの亡き父は木工家で、宇治でもちょこちょことお仕事をさせていただいておりましたの。で、三室戸寺さんでも生前お世話になったのやけど、父が三室戸寺さんで何を作っていたのかあたし自身よく知らない(-_-;)
母に聞いても「休憩所やったかな?(・_・?)」とかって記憶があいまいやしぃ

一体父が何をしていたのかを探るべく、今回は家族みんなでお参りを兼ねた探検(?)ですの。
ま、お盆らしい企画なのだ。ぶははは。

mimurotoji1.jpg

ようおまいりやす~。
暑いっ・・・さすがにこの暑さのせいか、参拝されてる人はいないのであります。紫陽花の頃の人出のイメージが強かったので、人の少なさにびっくり。
ま、目玉企画(?)がない場合はこんなものなのかもしれませんのですじょ。

mimurotoji2.jpg

蓮はもう終わりかな、と思っていたけれど、まだ少し咲いていました。
こちらに来られる人はやはり蓮目当てのよう。
大きなカメラを抱えている人が何人かいらっしゃいましたんですじょ。

mimurotoji3.jpg

三室戸寺さんのHPを拝見したら、今年は蓮を見られる時期が長いって書いてあったけど、もうそろそろ終わりのよう。

mimurotoji4.jpg

mimurotoji5.jpg

mimurotoji6.jpg


母の記憶では、父のこん跡(?)はお庭の休憩所にあるかな?とのことやったので、お庭に行ってみることに。
枯山水庭園とか、

mimurotoji7.jpg

池泉回遊式庭園も廻る・・・

mimurotoji8.jpg

でも、ここにはない(・_・)
春のつつじ・夏の紫陽花が見られるデカ庭園の方にありましたの!!

mimurotoji9.jpg

奥にぽつんとある花の茶屋は春から夏にかけて期間限定でオープンしている甘味処&お食事処。
この中の何かを、父は作ったらしい

残念ながら今の時期は庭園に入ることもできないし(花の時期じゃないことと、お昼間は散水していることが多いため)、お店もオープンしてないので父の仕事ぶりを見ることができんかったけど、また春になったら来よう!と家族で誓い合ったのでした

しかしぃ・・・ちゃんと調べていけばよかったよぅ・・・どへへ。

三室戸寺さんHP
三室戸寺境内・花の茶屋


テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<東寺・観智院のライトアップ2007 | Top | 月ヶ瀬堺町店の宇治金時ミルクがけ【堺町御池】>>




オヤジの仕事、みんな知らんもんです。
オヤジになって思います。
中途半端に言うたら誤解される。

そしたら、もし家族の中に俺がやってたことわかるのが出たら
ほっといてもわかるやろって。
2007/08/16 15:40 URL by rom [ 編集] Pagetop△

自分が拵えたものが残っていて、家族に見てもらえるなんて職人冥利に尽きると思います。
とてもすばらしいです。

見つかりますようお祈りしています。
2007/08/16 19:08 URL by dynamite kid [ 編集] Pagetop△

三室戸寺は7月の始め行きました。蓮、今も綺麗に咲いてますねぇ。

紫陽花園のところにあるあの休憩所の「何か。。」をおとうさまがお造りになったのですね。今度行く時は心して見て見ます。

 形に残る仕事をしてこられたおとうさま。おとうさまの作られた「何か」がたくさんの参拝者の目に触れられてるなんて。。とっても素敵です。
2007/08/16 21:45 URL by yume [ 編集] Pagetop△

⇒ROMさん、dynamite kidさん、yumeさん^^
★ROMさん
父とは亡くなる数年前に、父の仕事のことなど、意見の違いから大喧嘩しましたが、今となってはそれもいい思い出です。
大喧嘩してからは友人のようになりました(いいのか悪いのかわからんけど・・・)。
彼は父親ではありますが、あたしを理解してくれる数少ない友人でもありました。
・・・父親なんですけどね、なんか不思議な距離感なのです。
父がギャラリーに付けたかった名前をあたしが今後の人生の中で活かすことが、あたしのささやかな夢でもあるのです。

★dynamite kidさん
父が亡くなったときに父の作品は全て買い手がついていましたので、家には何も残ってないんですよね(苦笑)。
だから、父が関わったお寺さん(たまたま三室戸寺さんですが)やお店を覗くのが、母との楽しみの一つとなっています。
ま、今回は見られませんでしたが(どへ)、また時期を改めて見に行かねばなりません^^

★yumeさん^^
テーブルだか椅子だか・・・何かわからんのですが、こちらで何か作ってるようです(笑)。
ちょいちょいどこかに何かがあるんですよね(・_・)
大津にもお客さんがいらっしゃったので、使われていたらそちらにも父の机が存在しているはずです(いや、応接セットか??わからん^^;)。

娘から見ても、形を残せる仕事ができた父はとてもウラヤマシイです。
2007/08/26 09:36 URL by このぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/59-569597fc
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。