六角堂de新発見!



2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



六角堂de新発見!

本日も六角堂にお参り
これは毎日の日課なのやけど、先月六角堂へのお参りが300回超えしたので、それを祝って、本日は納経所(茶所)で一服してきました

六角堂1

まず、あたしを出迎えてくれたのは、毎日のことやけど鳩。
オソロシイ勢いで葉牡丹をむしり食ってます

六角堂7

鳩が葉牡丹に夢中な間に、あたしは納経所(茶所)へ。
ここではふくろうが出迎えてくれるのやけど、

六角堂4

外国人さん対応です これが発見その1

六角堂5

ちなみに茶所の看板ふくろうのお友達はここにいます

六角堂6

友達は・・・境内にたぶん4羽います。見つけてみてねん

では早速一服
前回、100回連続お参りのときにいただいたのは緑茶だったので、今回はグレードを上げて(?)抹茶に。

六角堂

ここで発見その2
こちらでいただけるお菓子はへそ石餅は、京阿月さんのものでした。
六角堂のお菓子には俵屋吉富さんの麩焼きせんべい(花)もあります。


お茶で一服したあとは、境内をうろうろ。
ナニゲに本堂の上を見上げてみると・・・

六角堂2

すると・・・こんなところにっ!!!

六角堂3

これが、あたし的に衝撃の発見その3でした。
六角堂も、鳩よけ、本当に大変ですの

どへへのへのへのへ!!



テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<期待通り!御所東 厚凛の厚凛ランチ【河原町丸太町】 | Top | シェ・ラ・メール(CHEZ LA MERE)のケーキで年明け~(*^∀^*) >>




ぽのこさん
明けましておめでとう、というにはちと遅いですね!
もう4日、私は仕事しております、涙。
社会復帰の一日目は辛いな~~~

↓のコスプレつんこちゃん、上手ですね~
似ておられるんですか?

今年も、宜しくお願いいたしますね~~
2009/01/04 21:20 URL by くま先生 [ 編集] Pagetop△

謹賀新年
昨年は「どへへのへのへのへ!!」をチト批判しましたが、
覚えていますかね?
個性ですと納得です。頑張ってどへへのへのへの言葉頑張ってください。ところで意味はなんですかね?たんなるジョーク?
私は京都人ですが聞いた事ない言葉ですが・・・。
若者言葉ですかね?まぁ~それはヨシとしますは。(年齢がバレ)ますな~(苦笑)
毎日チェックしてますよ。

六角堂はよろしおすな。ビルから見たらまさに屋根が六角ですね。

そう、どこにも鳩公害ですね。天敵がいないから鳩の一人舞台ですな~平和のシンボルも変えないとアキマヘン。今の鳩は人間慣れしてムカつきますよ。糞は注意です。
なんか菌があるとか聞きました。

新春早々スンマヘンでした。
2009/01/04 22:10 URL by 通りすがり [ 編集] Pagetop△

⇒くま先生、通りすがりさん^^
★あけましておめでとうございます、くま先生^^
今年もよろしくお願いしますね。

あたしはくま先生の「美味しそうなパンシリーズ」が本当に大好きなんですよ^^(勝手にシリーズを作ってしまったorz)
あの写真を見ているだけで、よだれが出てきます(がははは!!)
またあの写真が見られると思うととても楽しみです。
お仕事も頑張ってください、そして、美味しいもの探しも頑張ってください!(なんじゃそれは^^;)
ちなみにつんこちゃんは、下の写真みたいな感じです。
この顔は、何回でも描けますよ^^;

★通りすがりさん、あけましておめでとうございます。
どへへを批判された、ぽのこです(笑)。勿論覚えておりますよ。
その批判は、しっかり受け止めさせていただきましたが、このフレーズがなくなると私の個性もそがれる気がして(そして、私を知る人はそのフレーズを好んでくれていますので)、そのままここで引き続き使用させていただくことにしました。
不快であれば、本当にごめんなさい。

私は京都人ではありません。
京都人の通りすがりさんには、私の言葉に違和感を感じるかも知れませんが、元々私の根っこは大阪にあるんですよ。
「どへへ」も、若者言葉ではないですし(笑)、私が語呂として気に入っているだけで特に意味はなく、合いの手のような感じで使っています。

六角堂は・・・そうですねぇ、日々発見の連続です。
私もたまに、時間があればエレベータから六角堂を眺めます。

毎日通っていると、都会の真ん中にある六角堂でさえ、小さな四季を感じることができます。これは嬉しいものですよ。
ただ、通りすがりさんのおっしゃるように、ここの鳩だけは困りものですけど(笑)。
お掃除担当の方が、鳩糞を綺麗にする為に、毎日本堂にブラシをかけてらっしゃいます。
これには本当に感謝でいっぱいです。
2009/01/04 22:39 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△

あけましておめでとうございます
昨年は嬉しいコメントを何度かありがとうございました。

目には目を、六角堂には六角堂、でこのエントリーに
コメントさせていただきます(笑)。
いや意趣返しとかそんなネガティブな意味はもちろんございません!(笑)

しかし ぽのこさん、僕は六角堂をまだまだ知らな過ぎでした!
ハトが葉牡丹食べることや、木の上のフクロウ、ハトよけ剣山…
西国札所だということも昨年秋に知りました(苦笑)。

確かにハトは多いですが、でも庶民的で
いつでもぷらっと寄れるいいお寺ですよね。大好きです。
2009/01/06 01:38 URL by Kyo-to [ 編集] Pagetop△

⇒kyo-toさん^^
kyo-toさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますね。

あたしの六角堂まいりは本日で321回目となりました^^←自慢?
元旦は休憩をいただきましたが(こっちにいなかったのでorz)、それ以外は日参しております(笑)
だから、あの写真ですぐ「六角堂」ってわかったんですよ(ぶははは!!)

kyo-toさんが、六角堂が西国の札所だとご存じなかったってのはちょっとオドロキました。
まぁ、普通はそんなのご存知ないですよねぇ(・_・)(一般の人は殆ど知らないと思う^^;)
あたしは日参してますから(笑)、そのポイントは以前から当たり前のように押さえてますけど(マニアックな自慢?)、観音巡礼に興味がなかったら、もっと浅くしか知らなかったかも知れません。

観音巡礼と言えば!!
今年はkyo-toさんが行かれた、滋賀の観音ワールド(?)に、是非とも行きたいですねぇ~♪^^(ぐふ)
その時はあたしもデンシャ旅を楽しみますよぅ~♪^^
2009/01/06 23:01 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/540-559d6ca1
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。