生活と芸術 アーツ&クラフツ展【京都国立近代美術館】



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



もう1週間ほど前の話やけど(どへ)、行ってきました!京都国立近代美術館で開催中の「アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」♪
今回は装飾ゲージツです!!

アーツ&クラフツ

生活にゲージツ・・・すばらしいわん。潤いがあるって言うかね(・_・)
あたしは「アーツ&クラフツ」(イギリスのデザイン運動)ってのにはあんまり詳しくないんやけど、観てるだけで心和むと言うか・・・こういうお部屋に住みたい!!って単純に思ったしだいですの。
ま、今回は、どっちかっつーとサブタイトルにあった「民芸」に心惹かれたので、気分はそっちメインやったのやけど・・・。
父の影響で気になりだした黒田辰秋の作品もそこそこあったし、大満足でした
身近なゲージツ、堪能です

1週間前の美術館前。
木々も色づき始めてます。
空の青と、黄色い葉っぱと、赤い鳥居のコントラストが美しかったデス~~~

アーツ&クラフツ1

生活と芸術――アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで
京都国立近代美術館
会期 9月13日~11月9日 9:30~17:00




テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<秋の湖北へ - 長浜港の夕暮れ - | Top | 銀閣寺キャンデー店 ・キャンディーではなくキャンデーなのだ!>>



コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/385-f30e089b
» FC2blog user only
ジャパン・アート・フェスティバルを知っていますか?
  それは、1960年代半ばから70年代にかけて、当時のわが国の現代美術、伝統工 国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記【2008/10/12 19:09】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。