初秋の建仁寺を歩く└(・∀・)┐=3



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



先日の日曜日、ナゾの大学生・すぅちゃんがやってきたので建仁寺さんへ足を運びましたの。
ウォーキングパートナーのつんこちゃんとは、朝ウォーキングで建仁寺さんの境内を歩いたことは何度もあるのやけど、すぅちゃんとここへやってきたのは初めてです。

本坊から入ると、まずは「建仁寺ビデオライブラリー」(←勝手に命名)をチェックせねばなるまい(・_・)
同じビデオを繰り返し流す、と言うよりは、歴史街道から何かのドキュメンタリーまで、次から次へと延々映像が流されています。
そこで、あたしとすぅちゃんは約1時間ほどビデオ鑑賞会に参加(・_・)
それなりに建仁寺さんの概要をつかみますの。
ま、これだけの大寺院ゆえ、大体のことは理解しておるつもりやったけど、知らないことも多かったのでお勉強できました(どへへ)。

そして本坊から方丈へ向かう途中、金魚さんに出会いました。
カメラ持ってる人はみな、コレを撮りたがります(笑)

建仁寺1

金魚さんの向かいには○△□乃庭が。
しかし・・・△と□がどっか行ってるやん、この写真(どへへへ!!!!)

建仁寺2

方丈へ行く前に、潮音庭へ。
もっといいアングルがあったのやけど、この日は団体さんがここで何かやっておられたらしく、お庭の手すりにはタオルやら何やらかけてある(笑)。
この庶民的な感覚が、建仁寺さんの良いところです(誉めてるんですのよ。おほほ)。

建仁寺3

方丈の大雄苑(だいおうえん)に到着。

建仁寺4

方丈内の襖絵は、橋本関雪さんのものがいっぱい。
建仁寺さんは、基本的に建物内での撮影がOK(太っ腹ですのよん♪)なので、それを撮ってもよかったのやけど、あたしは何故かこれだけしか撮ってませんでしたの

やったね!風神雷神図屏風!!
(国宝。そして悲しいかな、これは複製

建仁寺6

花頭窓を覗きつつ、法堂へ。

建仁寺5

法堂の天井には、「蕪」の画で有名な小泉淳作さんが描かれた双龍図がありますの。
小泉さんは、建仁寺さんの双龍図を描く2年前、小泉さんが住む鎌倉の建長寺さんの天井に雲龍図を描かれてる(・_・)
建長寺さんは80帖ほどの大きさやったのに対し、建仁寺さんは108帖もの大きさデスよっ!!(デカっ

しかも!!
建仁寺さんの双龍図を描かれた時、小泉さんは御年76歳やしっ!!

・・・あたしは個人的に、小泉さんに非常に興味を持ちました(・_・)
よかったら見てね
※小泉さんを紹介している記事
 龍を描く 小泉淳作氏インタビュー
 遅咲きのひと③ 不老の心 小泉 淳作

建仁寺7

法堂から見える三門。こちらには釈迦如来さまや、迦葉・阿難尊者さん、そして十六羅漢さんがいらっしゃいます(見れんけどね)。

建仁寺8

なんだかよくわからんけど、やっぱり画を描きたいなぁ、と思った、ぽのこなのでした(決して、ゲージツを愛するすぅちゃんに影響されたわけではない←何故なら最近全然描いてる様子がないから

どへへのへのへのへ!!

建仁寺秋期特別拝観「寺宝展」のお知らせ
 2008年11月1日~11月9日
 拝観時間 10:00~16:00(閉門は16:30)
 拝観料  大人500円(中高生 300円)


テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<駅ビルシネマ・フランス映画祭【JR京都駅】 | Top | 京つけもの処 大こう本店でお買い物♪【紫野大徳寺】>>




あれ
今年の春、建長寺の法堂で見てきたあの雲龍図は小泉さんのだったのねえ。ふーん。昔からこんなのあったっけ?と疑問に思っていたのが、いま解決しましたわ。ありがと。
それにしても、老いてますます盛んというのはうらやましいですねえ。
2008/09/21 11:00 URL by もちや [ 編集] Pagetop△

⇒そーなんですって!!もちこさん!!
すぅちゃんは鎌倉に行った時に建長寺さんに行ってるはずなんですよね・・・
でも、建長寺さんの雲龍図が小泉さん作だって知らなかったはずですよ、たぶん。
だって、この画を観ながら、「何で小泉さんが建仁寺の龍の画描いてるの??なんで?この人って龍の画描くタイプじゃないやん!!(←代表作「蕪」は緻密なタッチのため、確かにデカイ画を描くタイプの画家さんとは思えない)ねぇ、なんでなの??」(この疑問形の連続、もちこさんは想像できると思いますけど^^;)ってしつこかったですもん・・・orz

小泉さんが建仁寺さんの龍の画を描いたのは、
小泉画伯は鎌倉ゆかりの人⇒それならば!と建長寺さんが天井画を依頼⇒そしてそれに建仁寺さんも乗っかってみた(??)
と推測してみたんですけど・・・(しょうもない推測)
すぅからはこの記事にコメントがありませんねぇ(遠い目)(すぅちゃんはすっかり傍観者です。どへへ!!)
2008/09/22 20:20 URL by ぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/363-58e45ae4
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。