秋の特別公開2007・大徳寺塔頭興臨院



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



大徳寺黄梅院さんを後にして次に向かったのが興臨院さん。興臨院さんは室町時代に畠山義総さんが創建して畠山家の菩提寺となったのやけど、畠山氏が没落後、加賀藩の前田利家さんが改修を行って、それ以後、前田家の菩提寺となりましたの。

興臨院さんといえば・・・以前、こちらで春の特別公開が催されていた時、前を通ったつんこちゃんと「入る??」な~んて相談したことがあったのやけど、その時は今宮神社のあぶり餅を食べるのがメインやったもんで(どへへ)、そっちに向かってしまった・・・という思い出がありますの。

でも今回は食い気に走らず、ちゃんと拝観しよう・・・と心に決めて、お昼ごはんを我慢して入場です

春(と言っても2月)に前を通ったときは、梅の花が綺麗に咲いていて、それはそれはとても美しかった興臨院さん。
この入口が既に素敵なのだ!!

korinin1.jpg

この実は・・・なんやったっけ?(・_・?)

korinin2.jpg

今回の大徳寺の特別公開には、各塔頭で歴史を詳しく教えてくださる方が常駐されてたのやけど、こちらで説明してくださった女性(おそらく生粋の京都人だと思われます)の解説は絶品で、本当にわかりやすいのだ!
この方丈の前のお庭(資料を基に比較的最近復元されたものらしい)の解説も、禅とは何か?人の心とは??なんてことを流暢に話される。
一通りの解説のあと、このお庭を見ながら、あっちの世界ってどんな世界??なんてことを漠然と考えてみたりしたのだ(笑)

korinin3.jpg

方丈の西側の一角。ここには琴爪塚がありますの。
なんでも先代の住職の奥様が琴の名手やったとかで、この爪塚が作られたそうです。

korinin4.jpg

興臨院さんはそれほど大きいお寺さんではないけれど、方丈の周囲のお庭がとても美しい。
こちらは方丈北側のお庭。
葉も色づき始めてます。

korinin5.jpg

下の写真の左端に写っている小さな木は貝多羅樹(ばいたらじゅ)。
この木の葉は、裏に文字を書く(傷をつける)と字が黒く浮き出ることから、昔はこれをお手紙(ハガキ)として使ってたらしいのだ。
つまり、「ハガキ(葉書)」はこれが語源ってことね

korinin6.jpg

日本最初の床の間だそうです(・_・)

korinin7.jpg

茶室の涵虚亭。
大徳寺と言えばお茶とは切っても切れん関係で、今回拝観した大徳寺の塔頭全てに茶室は設けられてたけど、ここの茶室のつくりが個人的には一番好きでした。

korinin8.jpg

拝観後の感想:ここに住みたいかも…

どへへのへ!!!

大徳寺興臨院
京都市北区紫野大徳寺町(場所はここ!
特別公開期間
平成19年10月6日~12月16日の10~16時。
詳しくは京都春秋HPまで。


テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<<和の京都セレクトショップ・「京都屋」さんの開店準備 | Top | 秋の特別公開2007・大徳寺塔頭黄梅院>>




あっちの世界って
…どっちの世界です(^^;

そういや入口まで行ったねー。
こんな素敵なお寺だったなら入っといたら良かったよ~。
いいな~!アタシも行きたかった~!!!
2007/10/21 20:42 URL by つんこ [ 編集] Pagetop△

⇒仏さまの世界よ、つんこちゃん☆
手と手のシワを合わせて、し・あ・わ・せ♪
南~無~(*^人^*)
・・・これはあたしたちの合言葉やん!!(どへ!!)

つんちゃんはこの日、もつちゃんともつ鍋パーチーやったもんね(・_・)
あたしなら・・・もつ鍋も捨てがたいわん♪

あ゛~~!!!コラ~ゲ~~ン!!!
2007/10/21 23:07 URL by このぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/124-2b74f6db
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。