秋の金沢に行きました(4)兼六園と成巽閣



2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



1泊2日の秋の金沢旅行、二日目はぐるり兼六園デス もうずいぶん前に兼六園に来たけど、すっぽりと記憶がない そういう意味では景色を新鮮に見ることができましたの

日本三名園の一つ、兼六園。江戸時代の代表的な林泉回遊式大庭園ですの。
加賀藩の代々の藩主たちが江戸時代から少しずつ作り上げて現在の形に。一般に開放されたのは明治初期です。
この日は朝から動いたつもりやったけど、兼六園に到着したらうじゃうじゃと人が!!特に目に付いたのが小学生と外国人観光客の皆さん
京都なんて比じゃないほど、外国人さんがいっぱい見学に訪れてましたの。

霞ヶ池。池の真ん中の島(蓬莱島・亀甲島)は不老長寿を表してるらしい(・_・)

kenrokuen1.jpg

唐崎の松。琵琶湖の松の名所・唐崎から種子を取り寄せたのやとか。個人的に唐崎は馴染みのある地名なので妙に親近感が。

kenrokuen2.jpg

雁行(がんこう)橋。別名亀甲橋・かりがね橋とも。

kenrokuen3.jpg

前田家十二代奥方・隆子さんの御殿・成巽閣へ。
今回は赤門から入場~~。

seisonkaku1.jpg

奥方御殿というだけあって建物内の作りは女性らしく、細部の意匠はかなり凝ってます(内部撮影はできんので写真はナシ)。

seisonkaku2.jpg

お庭は二つ。万年青の縁庭園と・・・

seisonkaku4.jpg

つくしの縁庭園。
どちらのお庭もゆったりできるけど、見た感じではつくしの縁庭園の方が開放的。母はここでポーズを決めて記念撮影(がははは)。

seisonkaku3.jpg

屋根は杮葺。室内の造りは、1階と2階では全然雰囲気が違います。2階の群青の間の斬新さには驚き!!(+_+)

seisonkaku5.jpg

大河ドラマの「利家とまつ」に嵌ってた母にとって、兼六園と成巽閣はまだとっつきやすかったみたい
前日の金沢21世紀美術館はかなり理解に苦しんでたけど(笑)、ここで少し「金沢、好きっ」って思ってくれたかも(ま、これはあくまであたしの願望やけど:苦笑)。
ジェネレーションギャップがあるだけに、親孝行って・・・ちょっぴり大変ですの。とほほ。

文化財指定名園・特別名勝 兼六園HP
成巽閣HP



テーマ=☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆ - ジャンル=地域情報



<<秋の金沢に行きました(5)長町武家屋敷跡と野村家 | Top | 秋の金沢に行きました(3)茶房一笑で一服。>>



コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/119-48665164
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。