女同士で巡る洛陽三十三所観音巡礼【14番札所・清水寺泰産寺】



2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



洛陽三十三所観音巡礼・十四番の札所、清水寺泰産寺までやってきました。とうとう清水寺シリーズ(?)最後となりますの(/_;)シクシク

で、泰産寺さんって一体どこにあるかと言うと・・・

taisanji1.png

本堂から見ると、とてもとても遠くに思えますの(涙)。
ま、さっきから行ったり来たりしてるので(善光寺堂奥の院本堂朝倉堂⇒そして泰産寺)、慣れたといったら慣れてるけど、札所の順番通りに廻るというのは非常に効率が悪いです
ただ、実際移動すると、それほど遠く、ってわけではなく、苦痛じゃないんやけどね(笑)。
 参考:清水寺境内マップ

上の写真で小さく写ってる塔は子安の塔
そこを目指して歩くこと約5分ほど・・・本堂、奥の院を通り過ぎ、やっとたどり着きました、子安の塔!!

taisanji3.jpg

名前の通り、安産信仰がある子安の塔には、子安観音(千手観音)さまがいらっしゃいます。

こちらが本堂の泰産寺。子安の塔より地味なのだ

taisanji2.jpg

で。
清水寺シリーズ、最後のご朱印がこちら!

taisanji.jpg

10番札所・善光寺堂からこの14番札所の泰産寺まで、清水寺さんでのご朱印は全て本堂東側にある納経所でいただけます。
なので、全ての場所にご挨拶したあと、まとめてこちらで書いていただきました。
全てのご朱印を一人の女性の方が書いてくださったのやけど、少しずつ字体を変えてくださり、それはそれはとても美しいご朱印に、あたしもつんこちゃんも超感動したのです

そして、何より感動したのは、ご朱印を書かれたあとに合掌してくださったこと。

清水寺さんは観光寺院やし、毎日たくさんの人がお参りにこられます。だから、そのあたりの対応はもっとそっけないものかと思ってました。
でもそれはとんでもない誤解でしたの!今まで廻ったお寺さんの中で、清水寺さんに一番丁寧に応対していただきました。

そんな心地いい体験のあと、あまりにも清らかな気分になったので、何故か地主神社さんに足を運ぶ気にならず(深くは聞かないで)、そのまま次のお寺さんへ向かったのでした└(・∀・)┐=3

清水寺泰産寺
京都市東山区清水1丁目(場所はここ!
開門時間は6:00~18:00
洛陽三十三所観音巡礼・第14番札所 清水寺泰産寺
清水寺ホームページ
このサイト内での巡礼の様子は⇒こちら



テーマ=おこしやす!京都 - ジャンル=地域情報



<< 女同士で巡る洛陽三十三所観音巡礼【15番札所・六波羅蜜寺】 | Top | 紫野和久傳 堺町店・茶菓席の湖面の月【堺町御池】>>




地主神社
最初は行くはずだったのにね^^;

御朱印でせっかく心が洗われた後
修学旅行生と一緒に
恋占いとかしてていいのか…と思った
ぽのことつんこなのでした…。
2007/10/08 13:23 URL by つんこ [ 編集] Pagetop△

⇒つんこちゃん(・_・)
もし地主神社さんに行ったら・・・
恋占いの石、タッチするんでしょ?(・_・?)
向こうの石からこっちの石まで、目を瞑って歩くんでしょ??
やるつもりなんでしょ??つんこちゃ~~~ん!!!!

きゃっひ~~~ん!!!

じゃ、朝6時に現地集合ねっ(・_・)/(ウソよん)
2007/10/08 14:10 URL by このぽのこ [ 編集] Pagetop△

おはようございます。
清水寺にこんなにたくさんのお寺が含まれていたとは!!
あの清水の舞台の本堂?だけのお寺かと思っていました。
ご朱印が共通して「大悲閣」??と読めるのですが
清水寺の別名なのでしょうか?
2007/10/22 08:03 URL by まみっち [ 編集] Pagetop△

⇒清水寺はてんこもりですじょ、まみっちさん☆
清水寺さんだけでたくさん廻れてしまう、お得な洛陽観音巡礼ですの(どへ)。
今回、巡礼して初めて知ったことなのですが、観音様のご朱印は「大悲閣」とか「大悲殿」と書かれることが多いのです。
これは観音様がいらっしゃるお堂(御殿)を意味してるらしい。
だから、今のあたしは大悲殿(または大悲閣)ご朱印コレクターですの(笑)。
ま、観音様やからといって、必ずしも「大悲殿」「大悲閣」と書かれるわけではなくて、洛陽1番の六角堂のように「六角堂!!」って自分ちをアピール(?)してるご朱印もあります。
そのお寺さんによって少しずつ違うところを発見するのも、この巡礼の楽しみの一つでもあります^^
2007/11/07 12:05 URL by このぽのこ [ 編集] Pagetop△
コメントをどうぞ(*^∀^*)














管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://kyotonouveau.blog99.fc2.com/tb.php/109-2ac22c68
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。